予防対策で鍵トラブルを回避

シャッターの鍵が開かなくなった場合は修理が必要となります

シャッターの鍵トラブルの施工風景

シャッターの鍵に関するトラブルは全国各地で発生していますが、鍵の専門業者はどの地域でも決まった手順で修理や交換を実施していることが多いです。ここでは鍵の専門業者が施工を行なう際の手順をわかりやすく説明します。

様々なシャッターの鍵トラブルにも対応~鍵屋の施工風景を見よう~

ガレージのシャッターの鍵開けをしました(30代/男性 鍵業者)

住宅のガレージに設置してあるシャッターの鍵を無くしたので開けてほしいと依頼をいただきました。鍵を確認してみたところ長い間使用していたのか、鍵穴に錆がたくさん発生していて解除作業に手間がかかりました。施工が完了した後はきちんとシャッターを開けることができたので、依頼者の方は施工にとても満足していたようです。

店舗のシャッターの鍵修理をしました(40代/男性 鍵業者)

店舗にあるシャッターを開けようとしたが、鍵が回せずに困っているので対応してほしいとの依頼でした。鍵を確認してみたところ合鍵から合鍵を制作したのが原因で、鍵がうまく解除されない状態になっていました。修理を実施すると、鍵は無事に解除することができ、依頼者の方もトラブルが解決できて非常にホッとした様子でした。

防犯対策が気になる人も安心

最近はいたずらや空き巣などの被害によって、シャッターに故障などのトラブルが多く発生するようになってきています。こうした被害が発生するのを未然に防ぎたい場合は、鍵の専門業者に予防対策の相談を行ないましょう。業者の方に相談を行なっておけば防犯対策を導入し、いたずらや空き巣などを予防することでシャッターの鍵を長い間活用することができます。鍵の交換や修理の回数を減らすことによって、資金の節約を図ることが可能です。

TOPボタン